No comments yet

Mid-Week Encouragement (June 17): “Coming Together”

For years I have been troubled by the story in Matthew 15 about the faith of the Canaanite woman. From verse 21, there is a description of the interaction between Jesus and a Canaanite woman who has followed Him into His solitude demanding that He have mercy and heal her demon-possessed daughter. 

To me, this appears like a wonderful set-up to reveal a heroic Jesus. We have a distraught woman, seeking freedom for her beloved daughter. This should be a clear opportunity to see Jesus display compassion by healing the girl and then preaching about the love of God. The first time I read the story, I expected Jesus to immediately jump up, heal the little girl, and encourage the disciples to follow His example, even if it meant healing foreign outsiders who had opposed God’s people in the past. After all, Jesus is loving and compassionate, right?

Instead, I nearly fell off my seat when I read that Jesus responded with a prolonged silence before stating, “I was sent only to the lost sheep of Israel.” He even goes so far as to say that. “It is not right to take the children’s bread and toss it to the dogs.” Surely, Jesus is not calling this woman an animal!?

What could be going on?

The Old Testament describes the Canaanites as a wicked people who were among those driven out of the Promised Land by the Israelites. Judges 1:28 even suggests that the Canaanites were subsequently forced into hard-labour. One needs to truly despise their victim to justify forced labour. Imposing this upon a whole people group though, requires dehumanisation.

Including this information into our story in Matthew 15, it is likely that we are observing an interaction between a despised slave-woman and Jesus. Certainly those present, as well as the earliest readers of this passage, would have been outraged. How could a Canaanite, a dehumanized outcast, a woman no less, barge into the presence of their Lord and begin making demands? They would have been shocked and appalled that such a person could demand the attention of Christ in such a dramatic fashion. 

Christ’s silence, at first glance, might be interpreted as indifference. Could he be ignoring this woman in order to not cause a scene? The reactions of the Disciples suggest as much as they attempt to silence the woman and cast her out, returning her back to her place. However, Christ’s silence provides the woman space to speak. His inaction creates the space for her empowerment as she asserts herself and her call for mercy. 

When Jesus does speak, I must admit it is, at first glance, disappointing.  It appears he is making an excuse not to help by asserting His purpose above hers. Is he actually saying that rules should prevent an act of mercy? It is this section of the interaction that I find most difficult. 

The Canaanite woman persists, undeterred by Jesus’s silence and disappointing reaction. The woman has stated that Jesus is, “Lord, Son of David,”.  By faith, she has proclaimed His name and is now imploring the saviour himself.  She pleads, begging Jesus to see that even the leftover crumbs from the plates of children feed dogs. What a way to ask for an end to her daughters suffering! Through persistent petition, she presented her request to the Lord. 

Did Jesus change his mind?

“Woman, you have great faith! Your request is granted.” And her daughter was healed at that moment.”

This story has taken on new significance for me as I have been reflecting upon the protests spreading across the globe in the wake of George Floyd’s murder. Around the world, legions of people have united their voices to call for equality and justice. These voices are crying out because they are not being treated equally due to the colour of their skin. 

The #BlackLivesMatter and other protests are demanding that the social, cultural and political structures that allow racism and all of its ugly manifestations to persist be dismantled. They are demanding that people are aware of the ways that the legacy of colonialism and slavery continue to affect how people are treated today.  These voices are desperately proclaiming that the murder of George Floyd is not an anomaly but stems from the prejudice that daily inhibits millions of people with black and brown skin. Like the Canaanite woman, these voices are crying out for freedom for themselves, their communities, their friends and their families. 

As I followed reports about George Floyd and watched the subsequent spread of the protests I have been deeply, deeply saddened. Saddened that George was killed, saddened how it reveals the inequalities still present in our state systems, and especially saddened at the reactions of people unable to hear the pain or accept that racial inequality still exists. 

Reflecting on the story of the faith of the Canaanite woman has been a helpful way for me to meditate on these current issues. It has been a profound reminder that silence and inaction do not alone solve suffering but are important tools to empower the voices of those that are calling out for freedom. I have also had to repent for all the times that I have stood behind rules, expectations or ‘purpose’ to excuse myself from doing the right thing. I pray that we all have the strength to emulate our Savior as He listens before expanding his purpose to relieve the suffering of a despised mother and her young daughter. 

While these principles have helped me process the global issues of racial inequality, they are going to be equally necessary locally.  Social distancing bans may be lifted and relaxed soon, which hopefully means that we will be able to resume church sooner than later. This is great news, however, it will be important for us to all return with an extra degree of compassion. This time of separation has been intense for all of us in different ways. For some, the extra time at home has been a gift, but many others have had to process a radically different reality than pre-lockdown. Differences in race and culture, as well as age, gender, health, and financial security, will each contribute to different experiences through the pandemic. As we come together, we must be sensitive to how separation, grief and sadness affect people differently. 

As we look forward, we have a fresh opportunity to start afresh as we look to follow Jesus. As we are slowly freed to come together again, let us be intentional about the ways that we follow Jesus and strive to bring healing to a broken world. I pray that as we do this at our local level, it will translate to substantive contributions to the calls for justice from the #BlackLivesMatter campaign and other social justice initiatives. 

As we come together, let us take this opportunity to remind ourselves that our vision is; 

To be co-workers in Christ’s service, extending His invitation to every language and nation.And, to achieve this; 

Kurume Bible Fellowship is a diverse church community where our worship is earnest (Psalm 63:1), our study of the Bible is comprehensive (Romans 15:4), our fellowship is healing (1 John 1:7), and our service is sincere (1 Peter 1:22). 

I pray that in our KBF community we would use silence to listen, expand our purpose and act to bring healing to the dehumanized and suffering. May we boldly work to undermine inequalities and bring love and healing to our communities. May we begin with ourselves, lead by example, and work together to transform our world. 

I can’t wait to see what happens as we unite to bring the kingdom of heaven to this beautiful earth. 

Grace & Peace, 

Lorne Anderson
Pastoral Team

 何年もの間、私はマタイ15章に登場するカナン人の女性の信仰について読むたびに悩まされてきました。21節には、イエスとこのカナン人の女性の会話が描かれています。彼女は、悪霊に取り憑かれた娘を癒して頂く為に、イエスを後をついて来たのです。

この場面は、イエスの英雄的な一面を垣間見るのに最高の設定だと私は思います。娘の救済を望む、取り乱した女性が登場するからです。まさに、イエスが愛と思いやりを示され、神の愛について説かれるのに最適な機会です。最初にこの話を読んだ時、私はてっきり、すぐにイエスがこの女性の娘の元に駆けつけ、癒しを与え、その姿を通し、弟子たちにも同様の行いをする様に諭すと思ったのです。たとえ、癒しを与える対象がかつて神の民に反駁していた異邦人であったとしてもです。皆さんも、イエスは愛と思いやりに満ちた方だと知っておられるでしょう。

しかし、イエスが長い沈黙の後に「私は、イスラエルの失われた羊以外のものには使わされていない。」とお答えになったのを知った時、本当に驚いて椅子から転げ落ちそうになってしまいました。イエスは「子供たちのパンを取って小犬に投げてやるのは、よろしくない。」と続けられました。イエスはこの女性をまさか動物に例えているのかと思ってしまいますよね。

この後には一体何が起きるのでしょう。

旧約聖書には、カナン人は邪悪な民だとされ、約束の地を追い出された者たちの一派として描かれています。士師記1:28は、イスラエルの民がカナンの民に強制労働を課したとも語られています。

これらの情報をマタイ15章と照らし合わせてみると、この場面はイエスと奴隷の女との会話だと解釈することができます。その時代の身分関係などに精通していた昔の人々は、この場面を読んだ際に、カナン人という言葉に大きく反応した事でしょう。もしかすると、この奴隷の様な地位にある女性が、イエスに対してこの様な振る舞いでもって、大胆にも願い事を述べたという事実にショックを受けたかも知れません。

読者の驚きと照らし合わせて考えてみると、イエスの沈黙と最初の女性に対する返答はまた違った意味を伴ってくるのではないでしょうか。何も答えないという沈黙は、私達がショックを受けたり驚いた際に最初にとる行動を模倣したものであると思うのです。驚いた際に私も声が出ない事がありますし、実際にこの様な行動をとる場合があると思います。

イエスがようやく「イスラエルの失われた羊以外のものには使わされていない。」と語られる時に、私はどうしてもそれが、イエスが女性を助けたくないが為に、言い訳をしている様に聞こえてしまうと認めざるを得ません。この様に考えてしまうのと同時に、私自身も何か問題に向き合わなければならない時に、そこから逃げる為に、沢山のルールを設けてしまっていることも認めざるを得ません。「私には関係ない」や、「お金をもらっている訳ではないのだからやる必要はない」など、自分の行動を正当化する様々な言い訳をつくってしまっているのです。

このカナン人の女性は、イエスの快くない返答にも関わらず、諦めません。彼女はイエスがどなたであられるか知っていたからです。彼女は娘を癒して頂こうとイエスを呼び求める際に、イエスに信仰にあって「主よ、ダビデの息子よ」と呼びかけます。無下にされたにも関わらず、神の憐れみにある彼女の信仰によって、この女性は主に助けを求める事をやめませんでした。

イエスはこの女性の姿をみて、考えを変えたでしょうか。

「女よ、あなたの信仰は見あげたものである。あなたの願いどおりになるように」とおっしゃり、娘は主によって癒されました。

ジョージ・フロイドさんの事件をきっかけに世界中で起きている抗議デモについて考える時、この聖書の箇所は私にとって新たな重要性を持ってきます。世界各地において、正義を求める人々が共に立ち上がり声を上げました。彼らは立ち上がりました。何故なら、何百万もの人々が、肌の色のせいで愛や思いやり、尊厳を持って正しく扱われていないと感じているからです。彼らの叫びは、社会的・文化的・政治的構造に隠された差別を許してしまう醜い兆候が存在している事を指摘します。抗議活動に参加する人々の声は、今日においても奴隷制度のあった時代から長く続いてきた差別構造が社会の中に未だ存在する事を示しています。そして、ジョージ・フロイドさんが殺害された事件が単なる例外ではなく、世界中の何百万もの有色人種の人々が目の当たりにする現実である事をも表しているのです。

この事件に関する報道や、その後の抗議活動を目にする度に、私は大きな悲しみを覚えます。ジョージさんが殺された事についてもそうですし、世界中に未だ差別が存在する事実についてもです。とりわけ残念に思うのは、多くの人々が、黒人の命を軽視し、その痛みを理解しようとせずに、差別が存在する事をも否定してきた点です。

昨今の事件を深く考えるにあたり、このカナン人の女性の信仰について学ぶのは、とても役に立ちました。特にこの部分での大切な学びは、沈黙して行動を起こさないのならば、苦しみを終わらせる事はできないという事です。私自身も周囲の期待、ルールや社会の慣習の後ろに隠れるようにして、自分で決めた言い訳を作って本当に正しい事をできずにいた事があります。この聖書の場面で、私達の救い主である主が、苦しみで叫ぶ母親の声を聞き、考えを変え幼い子供を癒すという決断に、とても大きな励ましを覚えました。

ソーシャルディスタンスの制限などは間も無く少し緩められるかも知れません。遅かれ早かれ教会も再開に向けて準備を進めることができるでしょう。皆さんが教会に戻られる前に、ぜひこのマタイ15章の箇所をもう一度祈りつつ読んで頂きたいのです。カナン人の女性の嘆きについて読み、イエスの元に彼女を導いた痛みや悲しみに心を寄せてみて下さい。そして、イエスの反応についてもぜひ思いを寄せてみて頂きたいのです。イエスのこの場面での対応を読み進めるにあたり、皆さんの中に湧き上がる感情に、恐れず向き合って下さい。

自由に人と会うことのできない時間は一人一人にとって辛い時期だったことでしょう。コロナウイルスの感染拡大により、世界中の人々がロックダウンを経験しました。現在では少しずつですが、その規制も緩和され、自由に人と会える機会を取り戻しつつあります。この傷ついた世界に癒しをもたらす為に、私達もイエスにどんな方法で従ってゆけば良いかをより一層意識しましょう。

ここで教会再開にあたり、今一度私達のビジョンを皆さんと共有したいと思います。 

イエス・キリストに仕える者となる為に、全ての言語と国にイエスの招きを伝える。

これを達成する為に;

KBFは、多様性を尊重する教会コミュニティーであり、私達の礼拝は神を切に求め(詩篇63:1)私達の聖書の学びは包括的であり(ローマ15:4)、私達の交わりは癒しを与えるものであり(第一ヨハネ1:7)、私達の奉仕は誠実です(第一ペテロ1:22)。

KBFのコミュニティーが、共に不平等をなくす為に共に働き、勇気を持って私達の元を訪れて下さる方々に癒しと愛をもたらす事ができるようにと祈っています。イエスがそうしたように、この世界を変える為に私達からまず始めましょう。

神の御国が来るようにと私達がひとつになると、この美しい地球にどんな事が起きるのか早く見てみたいものですね。

  恵みと平安がありますように

ローン・アンダーソン

牧会チーム

Post a comment