No comments yet

Suffering & hope (Romans 5:3-5) 苦しみと希望 (ローマ人への手紙 5章3-5節)

I was very encouraged by Medina’s sermon last Sunday found in English here and Japanese here. There was so much to draw strength from. Her chosen text from 2 Chronicles 20 ends with the inspiring words in verse 15 He [Jahaziel] said: “Listen, King Jehoshaphat and all who live in Judah and Jerusalem! This is what the Lord says to you: ‘Do not be afraid or discouraged because of this vast army. For the battle is not yours, but God’s. Though King Jehoshaphat was afraid, he sought out God and proclaimed a fast throughout all Judah praying, “We do not know what to do, but our eyes are on you [God].” (2 Chronicles 20:12). Turning to God in times of distress led me to reflect on suffering and hope found in Romans 5:3-5 Not only so, but we also glory in our sufferings, because we know that suffering produces perseverance; 4 perseverance, character; and character, hope. 5 And hope does not put us to shame, because God’s love has been poured out into our hearts through the Holy Spirit, who has been given to us. I have to admit to sometimes thinking these Romans 5 verses sound great in theory but not so much in practice. Suffering can be all consuming and it can be hard enough to build up perseverance let alone character. At times, hope seems very distant. When my child was born with Down syndrome, I thought, “What hope is there to find a cure? None.” But God has shown me not only what a blessing my child is, but also that we all have special needs and none greater than our need for Jesus Christ. Returning to Romans 5, hope is the climax of verses 3 to 4 and Paul highlights its importance by expanding further in verse 5.  Firstly, Paul tells us that, “hope does not put us to shame” or put another way hope does not disappoint us.  Hope refined by suffering will not end in disillusionment. Another verse that highlights this truth is Psalm 22:5 To you they cried out and were saved; in you they trusted and were not put to shameI once listened to a sermon where the pastor said that the “because” in “hope does not put us to shame, because…” is one of the biggest BECAUSES in the Bible. Paul explains why a hope born out of suffering does not disappoint, because “God’s love has been poured into our hearts.” Now “God’s love” is literally translated, “love of God” and theologians since Saint Augustine have debated whether Paul is referring to “God’s love for us” or “our love for God.” I like to think the answer is both, as both views are supported in scripture. For example, “God’s love for us” is supported in verse 8 But God demonstrates his own love for us in this: While we were still sinners, Christ died for us. But the Bible also affirms “our love for God,” (Mark 12:30) and the capacity to love is the fruit of the Holy Spirit (Galatians 5:22). Powered by the Holy Spirit, this is where God’s love for us inspires us to love God more and out of this cycle of love springs a hope that never disappoints.  As we struggle with the implications of the coronavirus we retain hope. Hope that the coronavirus will be overcome, hope that lives will return to normal and hope that we can once again meet to worship together. Just as it is through the Holy Spirit that God’s love has been poured out into our hearts, it was through the Holy Spirit (2 Chronicles 20:14) that Jahaziel spoke those words, “For the battle is not yours, but God’s,” in a situation that seemed hopeless. We will not be disappointed for this hope is not based on feelings or fantasies, but on God’s love that is found in Christ. 
Lee Taylor Pastoral Team 
先週のメディナさんの説教に私はとても励まされた事を覚えます。(説教の原稿は英語版のhereをクリックして頂くとご覧になれます。)勇気付けられる箇所が非常に多くありました。歴代誌第二の20章は、15節の以下の言葉を伴って力強いメッセージを私たちに伝えています。「ユダの全ての人々、エルサレムの住民、及びヨシャファテ王よ、よく聞いて下さい。主はあなた方にこう言われます。『この大軍の故に恐れてはならない。これはあなた方の戦いではなく、神の戦いである。』」
 ヨシャファテ王は恐れをなしていましたが、神を求め続けこう祈りました。「私達の神よ。私たちとしては、どうすれば良いのかわかりません。ただあなたに目を注ぐのみです。」(歴代誌第二 20:12)困難な時に、神にある栄光と希望にもう一度目を向ける事をローマ人への手紙5:3-5は思い起こさせてくれます。「それだけではなく、苦難さえも喜んでいます。それは、苦難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと、私たちは知っているからです。この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。」
 正直なところこの聖書の箇所を覚えては、私は罪悪感に苛まれる事があります。というのも、理論的には素晴らしく聞こえても、実際にこの様に行動するのは困難に思えるからです。苦しみの中にある時、私たちは非常に消耗してしまい、品性など言うまでもなく、忍耐を培うのでさえやっとの事です。ですから、時折”希望”までたどり着くのは遠い道のりのように思えます。私自身も、息子がダウン症を持って生まれた時、この様に思いました。「果たして治療法などあるのだろうか、いや、ないだろう。」ですが、神様はその後の人生を通し、私の息子がどれほど大きな祝福であるかという事に気づかせて下さいました。そして、私たち一人ひとりも同じ様に、助けと必要としておりイエス・キリストを心の底から求めているという事にも気づかされたのです。
 ローマ人への手紙5章に話を戻すと、3節から4節にかけて「希望」がクライマックスとなっており、5節にかけてパウロはさらに希望について深く語ります。始めに、パウロは「希望は失望に終わる事がありません。」と語りました。言い換えれば、これは希望は私達を失望させる事はないという事です。希望は苦しみによって鍛錬され、幻滅に終わることはないのです。この真実を伝えるもう一つの箇所は、詩篇22:5です。「あなたに叫び、彼らは助け出されました。あなたに信頼し、彼らは恥を見ませんでした。」
 ある時、この様な説教を聞いたのを覚えています。牧師先生は説教の中で、「希望は失望に終わる事はありません」の後に来る”なぜなら(Because)”を強調し、聖書の中でこの部分の”なぜなら”が最も大きな意味を持つと語ったのです。パウロはなぜ、苦しみを超えた先にある希望が失望に終わる事がないのかを、「神の愛が私達の心に注がれているから」と説明しています。神の愛は、文字通り神学者達によって、”神による愛”と訳されています。聖アウグスティヌスは、この部分を”神の私達に対する愛”とするのか、”私達の神に対する愛”とするのかで議論を重ねたと言われています。
 私は、このどちらとも正解であったら良いと思っています。なぜなら、双方の考え方は共に聖書の中で語られているからです。例えば、”神の私達に対する愛”は8節の中で、「しかし、私たちがまだ罪人であった時、キリストが私達の為に死なれた事によって、神は私たちに対するご自分の愛を明らかにしておられます。」とあります。反対に、”神に対する私達の愛”についても、マルコ12:30や、ガラテヤ5:22の「御霊の実は、愛です」を用いて語っています。聖霊によって、私たちは神の私たちに対する愛を知り、神を愛する事ができる様になり、その循環から決して失望に終わることのない希望が生まれるのです。
 コロナウイルス感染拡大の影響で、様々な不安を覚える今も、希望を決して忘れる事はありません。この状況が早く収束し、普段通りの生活が戻り、皆さまと共に礼拝を共に持てる日が早く訪れる日を切に願っています。聖霊を通し、私達の心に神の愛が注がれたのと同じ様にヨシャファテ王は、希望が見えない困難な状況においても聖霊を通して、「これはあなた方の戦いではなく、神の戦いである」と語ったのです。
 私達は、決して失望しません。なぜなら、私達の内にある希望は、感情や気まぐれから来るものではなく、イエス・キリストにある神の愛にあるものだからです。
 リー・テイラー
牧会チーム

Post a comment